wgtwo

mobile core

シンプルにクラウドサービスのように、オープンで、
どなたにも
。モバイルコアの進化に挑戦します。

Mobile World Congress 2022に出展します。

2021.06.02~04 Wireless Japan2021に共同参加しました。

2021.06.01 Press Release 三井情報様との戦略的パートナーシップの覚書を締結

私たちのサービス

WGTwoは、すべての制度向けに、どのようなスケールでも、フルサービス のモバイルコアを、SaaS (サブスクリプション)にてご提供します。

  • 制度:LTE/5G公衆モバイル網、地域BWA等、ローカル5G, sXGP

  • スケール:MNO, MVNE/O, プライベートネットワーク

  • サービス:フルIMS実装、4G/5Gデータ通信、メッセージング


クラウドサービスのように、必要なライセンスをサービスとしてご利用いただけます。貸借対照表B/Sに影響を及ぼさず、新しいチャレンジを迅速に実行されたい方にうってつけです。

また、私どものモバイルコアはできる限りその能力をAPI経由で提供し、開発者・関連アプリケーション・製品とのインテグレーションを推進しています。リーズナブルなConnectivity (モバイル回線) とあわせて製品の販売をご検討の方、WGTwoのコアを商流として位置付けるユースケースの販売についても、お問い合わせください。

WG2 コアネットワークの特徴

 WGTwoのコアネットワークはパブリッククラウドのAWS上にIMS/メッセージングやシグナリングを司るControl-Plane関連の網要素を配置しています。一方、User-Planeトラフィックは、顧客サイトとインターネットExのあいだに位置する地域データセンターに配置して、いわばハイブリッド型アーキテクチャーのような構成となります


 私どもの特徴は、Web-scale5Gが採用する方針とオペレーティングモデル(たとえばService Based Architecture、マイクロサービス、Cloud-native、オープンソース、deliver as-a-service、DevSecOps)をいち早く導入していることにあります。また、Web-scale企業のアジリティ姿勢を学ばんとコアネットワークをイノベーションのためのプラットフォームとすることを目指します。


 私ども自社製ソフトウェア部分については、DevOpsSecモデルを取り入れ常時アップデートをしながらも、キャリアグレードを遵守するように冗長や品質管理に重きを置きながら運用しています。

パートナー

会社概要

会社名    Working Group Two合同会社

代表社員   WORKING GROUP TWO AS
       Sommerrogata 17, 0255
       Oslo, Norway

職務執行者  小里 直哉

設 立    2021年9月10日

所在地    〒2210052 
       神奈川県横浜市神奈川区
       栄町5-1
       横浜クリエーションスクエア
       14F